審査なしのクレジットカードは存在するか?

img_about8

そもそもクレジットカードと言うのは「料金を一時的にカード会社が建て替えあとで一括、または分割返済をしてもらう」と言う一種の借金であり、実際に金利をつけてお金を貸し出す融資よりは甘いとはいえ審査なしと言う事はありません。

審査なしで利用できるカードとしては料金をそのまま口座から引き落とすデイビットカードや先払いでカードを購入するプリペイドカードがありますが、どちらとも代金の確保を確実に行える為に審査なしなのであって、クレジットカードの用に回収出来ない恐れが有るという場合は、どうしても「しっかりと返済ができるのか」と言う審査を行う必要が有るのです。

そうなると、その審査が厳しくないところはどこか、と言う話になるのですがこう言った審査基準はカード会社事に違い、それは社内機密として扱われているので外部から予想する事は出来ても実際の所はわかりません。その為甘いと評判の会社に申請して審査に通らなかったのに厳しいと評判の所には受かった、と言う話もよく聞きます。ですから、カードの発行を断られたけれどどうしてもクレジットカードが欲しい、と言う方は複数の会社を回って実際に申請するのが一番確実な方法となっています。

審査なし同然で作れるクレジットカード?

クレジットカードを作るには、審査にパスする必要が有ります。この基準は信販会社によって異なるのですが、どこも安定した収入があるかどうかを重視しています。ですからアルバイトやパートの人でも、審査にはパスすることが出来ます。

また学生の場合も親の承認が得られれば、作ることが可能です。ではどんな人がパスできないのかというと、会社などに勤めていない個人事業主などです。自営業である程度の収入が有ったとしても、審査にパスすることが出来ない事が有ります。

信販会社から見て個人事業主は、サラリーマンよりも信頼が無いという評価になってしまっているのです。少し前なら、クレジットカードが無くても現金が有れば困ることはほとんど有りませんでした。

ですが最近はインターネットの通販や、様々なコンテンツの支払いなどをするために、無くてはならないものとなっています。持っていないと色々と不便な事が有るので、やはり何とかして一枚は持っておきたいところです。

そこでおすすめしたいのが、クレジットカードが審査なし同然?の会社です。審査を受けずに誰でも作る事が出来ますので、今まで審査に通らなかった人でも作ることが出来ます。興味のある人は「審査なし」、「デビッドカード」で検索してみましょう。

クレジットカードの年会費無料と有料の使い方の比較

クレジットカードの種類ってたくさんありますよね。年会費を払うカードものもあれば、無料でゲットできるカードもあったりして、何枚も持っているけど実際に利用しているカードは決まってくるものです。

カード利用の利点と言えば、キャッシュレスで支払が簡単に済ませられることと、利用金額によってポイントを貯められるというのがメイン。私自身も年会費要、不要を含め10枚以上。カードの種類を比較してみると、その中でも良く利用するカードと作ってはみたけど、一度も利用せずに放置されているものもたくさんあります。

なんで年会費無料のカードがあるのに、わざわざ年会費を払ってカードを保持するのかと言えば、やっぱり海外旅行などに行く機会が多いため、カード特典の海外旅行傷害保険の利用がお得だと考えているから。カードの年会費を払っても、1年に1~2回海外旅行へ行くなら、断然お得な特典ですよね。

もちろん、海外での支払や急なキャッシングも全てクレジットカード払いが必然となるので、利用価値ありです。では、比較対象である便利な年会費無料のカード。こちらはスーパーマーケットなどが提携しているお買い物ごとに3~5%OFFになるので、普段からお買い物や通販の支払いなどでポイント還元をメインに使い分けをしています。

それぞれのカードの特典や特色を知ることによって、うまく使い分けるとクレジットカードは本当に便利だし、お得なものだと思います。

 

セゾンカード インターナショナルは年会費永年無料

数あるクレジットカードの中でも高い人気を誇るのがセゾンカードインターナショナルです。このカードは年会費永年無料となっていてポイントの還元率は0.5%です。さらにセゾンカードの特徴はポイントの有効期限がないという「セゾン永久不滅ポイント」だと言うことが出来ます。なので使用出来ずに期限切れでポイントが消えてしまったなんてことはありません。

また西友やリヴィン・サニーのお店では毎月5日と20日が5%オフとなりとってもお得ですし、「永久不滅.com」経由でショッピングをするとポイントが最大20倍付くので比較的ポイントが貯まりやすいカードだと言えます。ただ注意して欲しいのは長期間利用実績がない場合は自動解約となってしまいますが、近くに西友などのお店がある人は定期的に利用すれば問題はないということが出来ます。非常に良心的なカードなので今度クレジットカードを新規で作りたいと思った際には候補の1つに入れてみてください。

 

個人の信用情報は加盟の信用情報機関に丸見えに

クレジットやローンにお申込みされると審査のときに信用情報機関が収集している個人の信用情報を参照されます。パートやアルバイトで働いていても安定した収入であれば審査に受かり易いですが、この信用情報に何らかの事故情報が登録されると審査落ちする可能性大です。この信用情報は加盟金融機関で供給されているので、加盟金融機関であれば丸見えになってしまいます。

過去にクレジットやローンで3か月以上滞納した、債務整理した、1か月以内に3社以上お申込みしたと言う方は注意が必要です。この信用情報は開示請求によって閲覧することが可能です。インターネットでも開示請求できますので窓口まで行かなくても大丈夫です。手数料が発生しますが事故情報が登録されているかどうか事前に分かります。この事故情報は登録期間が過ぎた後には削除されますが、削除されても信用情報機関から教えてくれることは無いです。何らかの事故情報が登録されていたらメモしておき、クレジットやローンにお申込みする前にもう一度閲覧して削除されたか確認すると良いです。

イオンカードの魅力について

一昔前はクレジットカードの勧誘というのは銀行や家電売り場、コンビになどがオープンした際には提携しているカードの申込をその場で行っているのをよく目にしました。ですが最近はネット申込が主流と言えます。新生活がスタートする時期などには沢山のカード会社が大々的に入会特典をつけてキャンペーンを展開しています。

またネットでクレジットカードの比較、解説を行っているサイトもいろいろあるので参考になります。そんな数あるクレジットカードの中でもオススメしたいのがイオンカードのイオンセレクトで年会費無料のカードですし、可愛いディズニーデザインのミッキーのキャラクターのカードも存在します。WAONもイオン銀行口座のキャッシュカードとしても使用できるので利便性も高く銀行金利が軒並み低い今はイオン銀行の普通預金の金利0.1%上乗せというのもポイントが高いと言えます。

またイオンのお店で20日と30日に5%オフになるのでイオンでよく買物をするという人は所有していて損はないカードと言うことが出来ます。

 

審査通過に関わる短期解約の有無

クレジットカードに関する情報を、雑誌で読んでいる方々も非常に多いです。いわゆるアソシエなどの雑誌を愛読している方も見られますが、それでとても有益な情報が得られる場合があります。

その1つが、短期解約です。そもそもカードを作成する時には、短期解約は行わない方が良いでしょう。後になって、カード作成が難しくなる事があるからです。

そもそもクレジットカードを作る時には、審査があります。昨今では、その手続きの為に機械が用いられている事も多いです。非常にスピーディーに審査が行われる訳ですが、その機械が判断している項目の1つが、前述の短期の解約になります。

例えばあるカードAを作る前に、カードBを保有していたとします。ところがそのカードを短期解約してしまっていると、Aを作るのが難しくなる事があるのです。ですのでクレジットカードの審査を受ける予定があるならば、短期解約などは行わないのが無難な傾向があります。基本的には長い間カードを保有をしておくべきでしょう。

 

マイレージやファミリーマートでポイント蓄積しやすいカード

セディナによるアメックスは、マイレージと大きな関係があります。そもそもアメックスというカードは、全般的にポイントが充実しているのです。

ショッピング関連のサービスが非常に充実しているカードなのですね、飛行機も同様なのです。飛行機を利用しますと、ポイントが蓄積されていきます。そのポイント数は、決して軽視できません。普段のショッピングなどにも充当できる程度のポイントが蓄積されていくので、それに魅力を感じる方々も非常に多く見られます。セディナによるアメックスには、そのポイント蓄積度がとても大きい点に特長がある訳です。

またアメックスは、ファミリーマートとも大きな関係があります。そのコンビニにて買い物をしますと、同じくポイントが蓄積される事になりますが、上記のマイレージと同じくかなりの程度になるのです。ですのでファミリーカードでポイントを蓄積したい方にとっても、アメックスはメリットが大きなカードと言えます。

 

ミールと年会費に関する特長があるカード

アメックスは、ミールと大きな関係があります。ここでのミールとは、食事に関するサービスです。それを利用するとなると料金支払いが生じる事になりますが、アメックスでそれを払いますと、かなりのポイントが蓄積される傾向があります。ですのでお得にミールを利用したい方々の場合、そのカードは作っておくと良いでしょう。ただそのカードを採用するとなると、本人年会費などは大きなポイントになり得ます。

いわゆる無料のカードではなく、有料のカードになる訳です。年会費などは軽視できない一面があるので、事前に料金などは確認をしておく方が良いでしょう。ただし本人年会費は、累計金額などに左右される一面があります。カードをどれ位の金額で使っていたかにより、年会費なども異なってくるシステムになるのです。多くの金額を用いれば、それだけ年会費がお得になる事も多いです。普段からの買い物の頻度が多い方にとっては、年会費がリーズナブルなカードと言えるでしょう。

 

即日発行の可否に関わってくる正確性

金融のカード商品の中には、即日発行と呼ばれるタイプがあります。その名前の通り、カードが即日で発行される商品です。ちなみにそのような商品を提供している会社は、東京地域には非常に多く見られます。東京は金融サービスが非常に発達しているので、即日発行が可能な会社も非常に多い訳です。

また発行料にも特徴があります。カードを発行するとなると、何らかの手数料がかかるのではないかと心配な方もたまに見られますが、原則として無料で発行する事が可能です。ところで即日発行を望むならば、正確性は重視した方が良いでしょう。なぜなら間違った情報を入力すると、それだけカード発行が遅れる傾向があります。特にミスが多いのは、番地などの記載ですね。

住所欄に記載した番地の数字が1つ間違っているだけでも、カード発行が著しく遅れてしまう場合があります。ですので急ぎで発行を望むのであれば、正確なデータを記入しているかどうかは、よく確認をするのが無難です。

 

審査に関わる他の会社での状況

クレジットカードの発行するとなると、必ず審査を受ける事になります。そもそも金融会社としては、借入希望者の適正を見極めている事が多いのですね。果たして返済してくれる能力がある方なのか否かを、見極めている事が多い訳です。それで特に適正で何も問題がなければ、融資を受ける事ができる流れになります。ところでその融資可否に関わってくる基準の1つは、他社借入状況なのです。

実はカードの申し込みをしている方の中には、既に別の会社とのお付き合いがある方も見られます。どこかの会社のキャッシングなどを利用している方も見られるのですが、そこでの借り入れ状況などは重要なポイントです。例えば別の会社での滞納が発生していると、難しいことがあります。また借り入れ件数があまりにも多すぎると、カード発行が難しくなるケースもある訳ですね。もちろん件数がゼロならば、何も問題はありません。基本的には他社で何も問題が無い方が、カード発行のハードルは低めと考えて良いでしょう。

 

法人がカードを作る時の財務に関する注意点

クレジットカードは、平均的には法人が用いている傾向があります。そもそもカードというのは、利用者は個人だけではありません。法人もそれを使っている事が多いのですが、主にポイントなどがメリットになっているからです。

ショッピングなどをするとなると、カード払いの他にも色々な選択肢があります。しかし総合的に見ると、カード払いが最良な選択肢になる事も多いです。やはり多くのポイントが蓄積されるメリットが、非常に大きいからです。ただし法人がカードを発行するとなると、審査などは大きなポイントになり得ます。なぜなら審査では、会社の財務状況などを見られる事になるからです。

個人の場合はそうではありません。あくまでも返済力などが見られる事になるのですが、会社の場合は財務状況に問題が無いかどうかを審査される事になるのです。ですのでカードを発行したいと望むならば、できるだけ財務が健全な状況で申し込みをするのが望ましいでしょう。

 

リーダーズカードジャックスと記入の注意点

クレジットカードの1つに、リーダーズカードジャックスという商品があります。そのカードには、還元率に関するメリットがあるのですね。

そもそもカードは、よくショッピングで利用されます。それでよく買い物をする方にとっては、ポイント付与のメリットが非常に大きいのですね。

ポイントは、いわゆるディスカウントに該当します。実質的な割引のポイントになる訳ですから、還元率を基準にカードを選ぶとなると、前述のリーダーズというカードは候補の1つになるでしょう。ですので、申し込みの件数もかなり多い傾向があります。

ただし残念な結果にならないよう、気をつけた方が良いでしょう。そのカードを発行する際には、必ず審査を受ける事になります。それで落とされてしまうと、カードが発行できなくなってしまう点は要注意です。
特に気をつけた方が良いのは、記入ミスですね。入力ミスや記入ミスがあるだけで、カード発行が不可になる事もあるので、記入内容はよく確認するのが望ましいです。

 

楽天でETCカードを作ることができます。

年会費無料の楽天カード、お持ちの方も多いでしょうし、これから入会して使用したいと思っている方もいらっしゃるでしょう。楽天市場やトラベルの利用時にポイントが貯まって、1ポイントあたり1円で提携サイトで利用することができるので、とても便利でお得です。そんな楽天カードには、ETCカードを追加することもできます。ETCカードの年会費は540円とお安いところも便利な点の一つです。

その上、高速道路の利用料金、100円につき1ポイントが貯まっていきますから、毎日の通勤で高速道路を利用している方も、遠方のお出かけの際には、ETCを利用したいという方も、お得に使用することができるのです。このETCカードのお申し込み方法には種類があります。まず、楽天カードを既にお持ちの方は、専用の会員インターネットサイト上でお申し込みをすることができます。

これからカード自体を作ろうと思っている方は、カードを申し込む際にオプションとして最初から申し込むことができます。申し込み自体も簡単です。普段の生活に高速道路を利用しているという方、ただ高速道路代を払うよりも、ETCで支払いをした方が、スムーズに料金所を通過できますし、現金払いよりもお得なことも多いです。その上、このカードで支払いをすれば、利用料金に応じてポイントが貯まり、それを通販などで利用できるのはとてもお得です。

気になった方は、専用のホームページなどで確認し、申し込みをしてみてはいかがでしょうか。